FC2ブログ






モザイク 


「アダルトビデオのモザイクは日本の恥だ」
「秘部にモザイクをかければ猥褻には当たらないとする論法は、物事の核心をぼやかす日本社会の曖昧な姿勢、体裁の取りつくろいと同様である」 by勝谷誠彦

このジャガイモ君が指摘したモザイク日本の弊害はごく最近の例でいうと、「いやこれは事務所なんですよ、会計を管理している人もいないし、一見事務所には見えないけども地元の拠点なんです」
「そもそも経費の加減に関わらず領収書を添付するということは、政治家にとってはモザイクをはずせと言われてることと同じなんですよ。そんなの恥ずかしすぎるじゃないですか」(心の声)
きっと、もっと悪い事をしている輩は大勢いるのだから、例の人などはまだまだ素敵な小悪党の部類だ。
先日、押し入れから黒くて四角い箱が出てきた。
それは昔、もちだがなけなしの貯金をはたいて買った、2万5千円のモザイク除去装置。
無論、古今東西のいかなるAVにさえ効果は無く、付属で入っていた洋モノAVのモザイクさえ消去できないという、なんとも悲しい徹底ぶり。
まさにバッタもん&ペテン魂の炸裂、ダブルトルネードだ。
思えばこんなインチキ商法に引っかかったのも、すべてモザイク大国日本の体裁主義のおかげである。
ここがヘンだよ日本人!一体どうしてくれるんだよ安倍内閣!
と息巻いても、あの青春の日々と騙されたお金は二度と戻らない。
まぁそれはいい、かなりよし、すべてよし。
そうだ、国民はもっと身近に困っていることがあるのだから。
薄々感づいてはいたけれども、あえて見ないふりをしていた真実がある。
リアルセックスにしても偽物であるということを。

そう…近藤夢

ゴムよりもピルのほうが避妊確率が高いことは、いまや猿にさえ周知の事実だというのに、何故このピルが市販されていないのか?
これでは気軽に「生で入れて直に出す」という、男女の本能的で自然な性欲を満たすことができない。
いわんや生で入れたところで、最後に慌ててお腹に発射するときのスリルっていったらありゃしない。
それで28日間も憂鬱で不安な日々を過ごすことになるのだ。
問題はピルを薬局で普通に買えないこと。
産婦人科に行って診察を受けて、「わたし生理が重いんです」とか嘘なんかついていられないし。
むしろ、そんな恥ずかしい思いをするくらいなら、(生で入れて欲しいけれども)男にゴムはめさせてお茶を濁しておいたほうがいい。
そう考える女が多いに決っているではないか。
それで結果的に不完全な擬似セックスしか体験できなくなる。
そしてあろうことか、ピルは保険の適用からも除外されているのだ。
きっとこれはゴムメーカーを生かすための保護政策に違いない。
もしくは、わざとゴムから漏らすミステイクを狙って、子宮に種を付けさせようという姑息な逆少子化対策かもしれないww
本当に困ったモザイク政府だ。
あのゴムを付けるときのバツの悪いタイミングさえ、政府が解決してくれるわけではないのだから。
そうだ、真の美しい国日本はピルの市販から始まるのだ。
ピル解禁をマニフェストに盛り込んだら、僕らはこぞって自民に投票するサ。
きっと誰もが思ってるんだ、もう陰毛巻き込むのは嫌だってことを。
そして選挙カーの大音量で、
「これで巻き返しをはかる」>>「いや、巻き返しちゃダメだろっ」
と、一人ツッコミ一人ボケの漫談でもかまして欲しい。

[ 2007/07/11 22:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://voicefactory.blog78.fc2.com/tb.php/8-eee6d9d4