FC2ブログ






児童買春・ポルノ禁止法見直しの中身・・・ 


2ちゃんでも、すごい賑わってますね。
まずは、もちだ自身は現実的に3次元の世界で、児童ポルノを推奨しようという立場の人間ではないことを断っておきます。(そういう性衝動のある人のことはここでは論じません)
問題はアニメや音声にまで規制の枠をひろげようとしていること…。
言いたいことは色々あるけれども、具体的な被害者のいない状態の中で、「悪影響があるかもしれない~」という根拠のない妄想を頼りに、表現の自由を奪うことだけは絶対にやらないでもらいたい。
日本のサブカルチャー全体で、年間の経済効果は4,000億円以上と言われています。
その中でのエロの構成比は分かりません。
けれど、100分の1だとしても数十億円単位のお金が動きます。
経済的に見れば結構な怪力ですし、要するにそれだけ需要があるということです。
それに最末席のもちだのように、表現したい人も大勢います。
『需要がある=良質』なものかどうかという判断は、「工業製品」や「食品」などの「モノ」であれば、検査基準を明確化することができますが、エロといえども文化的な創作物の場合、結局誰がジャッジするとしても恣意的な判断にしかなりえません。
つまり一部の人間の曖昧な理想や思い込みだけで思想や言論、表現の自由を侵すことは断じてあってはならないことなのです。
こういう時、思い込みの激しい人ほど、『社会正義』というファシズムを押し通そうとしますが、どの時代にもそれを振りかざす人達こそが、最も信用できない輩であるということを思い出してください。



ということで、今夜もシコシコお仕事しますね。

[ 2008/02/11 22:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://voicefactory.blog78.fc2.com/tb.php/59-d4abafc0