FC2ブログ






鬱のくすり 


ここ数週間、なにかとゴタゴタとありまして気が滅入ってました。
「食事は出来るけれど、元気はない」程度の中途半端な落ち気味の時には、生きていることに大した刺激もなく、そればかりか希望や幸福感さえも見出せず、時には人生そのものを否定的に考えるようにさえなっていたわけです。
「軽く鬱始まったな、オレ」的なことを考えつつ、気分転換にレンタルビデオ店で普通のビデオを借りてくるつもりが、今後の資料にとアダルトビデオを借りている自分。
なんのヘンテツもない「手コキ&フェラもの」だったのだけれど、元気がムクムク湧いて来るじゃあーりませんか。
あれやこれやと、いやらしい妄想が頭の中に広がって、この週末から新たな原稿を書き始めています。
人生の活力はセックスから。
エロは自由。

[ 2007/12/09 16:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

妄想

やっぱりエロい妄想は人生の活力ですよね
エロ妄想のお手伝い?に私の最近のマイブームを。。。
風俗にお世話になりに行く時の話なのですが、自分の性癖や一番知られたくないような恥ずかしい事を紙に書いて行き、女性に目の前で声を上げて読んでもらいます。
死ぬほど恥ずかしいのですが、下半身は正直なもので大喜びです(笑
私はアソコのサイズにかなりコンプレックスがあるのですが、この事を女性に読み上げられるともうダメですね。。。この快感は何にも代え難いです(笑

変なコメントですいません^^;
でわ新作頑張って下さい
[ 2007/12/11 00:57 ] [ 編集 ]

コンプレックス万歳

inv様、励ましのコメント誠にありがとうございます。
なかなかハイレベルな遊戯をお楽しみのようで(笑)
うらやましい限りです。
妄想のお手伝いということですが、このコメントの
内容だけで1本できそうですよ。

実は劣等感というものは、イメージする力にとって、
とても重要なエネルギー源となります。
これがなければ、もちだは創作できません。
「包茎・短小・早漏」
それら三難すべてを抱えるもちだですが、今まで、
それで困ったことなど一度もありません。
inv様が上記のごとくそれを楽しまれているように、
むしろこのことは貴重な財産になりえるからです。
付き合った女性に劣等シンボルを愛撫されるたびに、
泣きたいほどの幸福感を覚えられることも、侮蔑の言葉に
倒錯的な快感を感じることが出来ることも、すべてもちだ
自身が包茎で短小で早漏なおかげです。
手術までして、その幸福感や快感までをも捨て去って
しまう男は、実に損をしている輩と言えます。
[ 2007/12/12 20:49 ] [ 編集 ]

劣等

流石にわかってらっしゃる(笑
私も完全に同類です。
自分のモノが粗末であればある程劣等感は強く、そして快感は増します。
この事に気づいてから、もっと情けない性器になりたいとさえ感じています。
普通の方と大きさを比べて負けるのは当然です。
短小同士を比較され、それよりも私の方が情けないと言われたいのです。

これは前回書いたコメントに関連していまして、女性に弱点を全部知られた上で、私はこう責めてもらいます。
冷静で丁寧な口調で「これ好きですよね?わかりますよ。短小の方はみんな同じですから」と。

これ以上書くと暴走しそうなので自重しておきます(笑
でわまた・・・
[ 2007/12/13 01:18 ] [ 編集 ]

>>劣等

マニアですね。
こういう性癖というのは、追求しだすとどんどんハマっていくものですね。
ところが元来、劣等意識の強い人間ほど攻撃的で支配欲の強いSに転じたりするので、また厄介です。
ついには精神的にSM両刀使いになり、女性を何回もイカせないと気が 済まない自分と、弄ばれないと満足出来ない自分が同居するようになります。
なので、やはり自分の作品に登場する女の子達にはどんなにイジメられても、 最後には必ずイってもらいます。
時々、ロ○ータを登場させるのも、急におとなしくさせるのも、自分の中の 支配欲がムクムクと頭をもたげるためです。

あと、ここはアダルトカテゴリーですのでどれだけ暴走されても平気ですよ。
また遊びに来てください。ではでは。

[ 2007/12/13 18:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://voicefactory.blog78.fc2.com/tb.php/48-14008e2c