FC2ブログ






テラ豚丼 


テラ豚丼というのが、ネットで話題になっている。
すき屋のメガ牛丼に対抗して、吉野家のアルバイトが遊びのつもりでやってみた超大盛り豚丼のことらしい。
仮にもしも自由に使える食材があったとして、そこに幼稚園児や保育園児を放りこんだなら、きっと5分もたたないうちに厨房がテラ豚丼だらけになることは、容易に想像できる。
もちだも5歳くらいの頃に、テレビで見たデカいおにぎりに憧れて、同じ物を作ってくれと、朝から晩まで母親にダダをこねたことがあった。
で、どういうわけかやってくれて、その時は直径15、6cmくらいのおにぎりを作ってくれたものだ。
でも、結局半分も食べきれるはずもなく「もういらない」と残したら、「食べられない量のものを作らせるんじゃない」とひどく怒られた。
多分そういう教育のために、わざと巨大なおにぎりを作ったものだと今は理解している。
それで経験的に考えられることは、テラ豚丼を作ったアルバイトは、もちだの5歳当時の知能しかないことになるけれど、食べ物はおもちゃではないということを教わらなかった人なのだろうと思う。
例えば、汚い厨房を見られるのが嫌だとか、よそった豚肉を落とすほど技量がない等は全て、「吉野家」のイメージをダウンさせるだけの問題で終わる。
他に、食べ物をおもちゃにして遊んでる人が、「吉野家」のバイトをやってること自体許せないという「吉野家ユーザー」の見解には同意できる。
ただし、本人と思われる者が、「まかない」として食ったと発言しているようなので、もしもそれが本当なら少しは安心できるのだ。
二度とやらないで欲しい。
けれど…困ったことに今度はケンタッキーでゴ○ブリを揚げた奴がいるという…。
[ 2007/12/06 19:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://voicefactory.blog78.fc2.com/tb.php/47-74d0651c