FC2ブログ






スロー手こき 

*以下、青べこさんへのコメ返しになっています。

>>新作抜き専ということで、楽しみにしてます(笑)
>>以前このブログでキュウリをシュコシュコしている動画が紹介されていましたが、最近うっすら話題の「スローハンド手コキ」ってご存じですか?
>>AVの一ジャンルなのですが、要は「女性が終始(射精の瞬間も)竿をゆっっっくり扱く」というだけの手コキ作品のことです。
>>その醍醐味は、射精のタイミングをズラされることで勢いが殺され、射精がトロトロと漏れるようなものになるところにあります。
>>何となくもちださんの作風に通底するものがある気がしたのですが…
>>こういうのは音声作品には向かないでしょうか。



コメントありがとうございます、もちだです。

キュウリの動画とスロー手こきは記事を調べてみたらこの二つでした。
http://voicefactory.blog78.fc2.com/blog-entry-139.html
http://voicefactory.blog78.fc2.com/blog-entry-188.html
固定アングルの長回しでキュウリがだんだんイチモツに見えてくる感覚と、しなやかな手の動きにうっとりという動画ですね。
アロマ企画がAVで似たようなものを出したので当時は喜んでいたのですが、パッケージに写っているディルドー手コキを目当てで買ったものですから、無くてシュンとしました。
でもこれで菅野しずか嬢を知れたのが良かったです。

さて、自分の音声作品ではスロー手こきは(好きですが)シーンの再現としては徹底されておらず、結局ゆるい状態からスタートしても中速、高速と射精の「締め」にかかってしまうことが多いです。これは自分が寝転がって手こきオナニーをしているとして、最後の瞬間は「逝っていいのよ、ほら。見ててあげるから逝きなさい」と「あおられ」ながら勢いで果てるという一般的(?)な感覚が抜け切れていないからだと思います。
別の言い方をすれば「射精」が目的であり、そこにスポットが当てられています。
青べこさんが仰るように、何となくスロー手こきの聞き心地がする理由は、語られるテンポが速いと(自分は)イメージが追いつかないため、基本ゆっくり目を声優さんにお願いしているからだと推察します。
次に音声作品におけるスロー手こき表現の向き不向きですが、難易度的にはおそらく難しくはないと考えています。
ですが最後は聞き手のイメージに放り投げられて「フィニッシュの山が明確でないまま終わってしまうこと」を了承されていることが前提となります。もしそうでないと「刺激が少ない、抜けない」になってしまいますから…。
オナニーがぼんやりとした夢のような出来事であり、ゆるやかな刺激とともにピークに達したとしても「満足感」が得られるようになるためには、「女性的感受性」が必要です。
例えば受け手が快楽をむさぼるように得ようとするのではなく、幸福な時間の中に溶け込むような感覚を持てるかどうかにかかっている気がします。
たかがオナニー、されどオナニーですね(笑)
様々な角度からエロスを表現するために、山のないなだらかな作品もいるかもしれません(自分がやると催眠っぽい感じになってしまうかも)

ちなみに次の作品は結構やわらかめで癒し系になる予定ですが、フィニッシュに達するまでの「あおり」はありますので、ご了承ください。


それではまた。



[ 2011/09/02 20:52 ] 同人日記 | TB(0) | CM(4)

玉責めの件といい、親切丁寧なお返事をありがとうございます。
恐縮と感激の狭間で悶えながらコメントしていますので支離滅裂な文章になっていたらすみません。

前回のコメントをした後、視覚的アプローチの出来ない音声作品では「射精のタイミングをズラす」という演出がそもそも難しい(単にヌキ所の判断しにくい作品という評価で終わりそう)ということに気付きました。
無考えなコメントですみませんでした。

しかしオナニー、深いですね(笑)

「女性的感受性」という言葉がありましたが、私は音声作品に限って言えば、必ずしも絶頂に至らなくてもいいと思っています。

催眠系音声作品のコアなファンはウェットを忌避する傾向にあるみたいですが、私個人としてはドライにせよ絶頂自体のない(おっしゃるとおり「山のないなだらかな」)作品があってもいいんじゃないかな、と思うわけです。
それが以前の「お姉さんに延々玉を触られるだけの音声」という救いがたい変態コメントに繋がっているんですね(笑)

催眠系音声作品の爆発的(局地的)ムーブメントが、エロ音声作品ファンの間でのドライオルガズムの認知に貢献したことを考えれば、そのうちノンオルガズムが流行る時代が来るはずです(笑)


追伸ですが、菅野しずか譲、いいですね。舌が長くて好きです。
私は松野ゆい譲が好きでした(辞めちゃった)。
最近は大槻ひびき譲の痴女っぷりが気になってます。

それでは長々と失礼しました。
[ 2011/09/03 13:23 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

もちだです。
音声で明確な終着点(射精点)を作らず、ただ気持ちの良い語りや
ささやきを延々と続けて欲しいという声は当然あると思っています。
オナニーの素材として楽しんでもらうためには、作り手の工夫が
いっそう求められるところです。
ドライオーガズムに関しては今コメントで仰っていることと認識に
ズレがあるかも知れませんが、自分の場合は5歳前後からオナニー
を覚えたこともあって、無精通のオーガズムを何度も経験しており、
そういう意味では全く馴染みの無いものではありません。
精通してからはペニスの刺激から射精直前で「スカし」による非射精の
オーガズムを覚えました。こうすることで射精せずとも何回もビクビクと
逝けます。これは偶然にせよ何にせよ、寸止めオナニーをしているうちに
誰でも出来るようになると思います。(ただの寸止めと違うのは逝くところです)
これを音声作品で活かすためには「前立腺ドライ」であれ「寸止めドライ」で
あれ、それ自体が気持ちよく長続きして、何度も逝けるということを知ってもらう
必要がありそうです。
最後に青べこさんの仰るノンオーガズムはさらに次の段階、大人の「楽しみ方」
であると感じています。例えばマッサージのみで満足出来るために
「逝かせろ、逝かせろ」とがっつかない感じとでも言いましょうか。
愛撫されているだけで気持ちいいのでそれ以上求めない「余裕」がないと成立しませんね。

大槻ひびきさんは不勉強で知りませんでしたが、上戸彩似の初期の頃、
松野ゆいさんにはよーくお世話になりました。
[ 2011/09/04 20:41 ] [ 編集 ]

五歳前後で手すさびを覚えたというのは驚きです。経緯が気になりますね(笑)

私は小四くらいで覚えましたので、当時はまだ精巣が未成熟だった為か、やはり無射精のオルガズムを繰り返していました。
これは水を装填していない水鉄砲を撃つようなオルガズムであり、結局そのメカニズムは一般的な射精によるオルガズムと同じのものであったと思います。

もちろんこれもドライオルガズムの一種であることは間違いありませんが、催眠音声作品等で目指しているものは恐らく「肉体的オルガズム」からの脱却だと思います。
私が「エロ音声作品ファンの間で認知された」と言ったのは、つまり「精神的オルガズム」のことであり、これこそが音声作品が独自のポテンシャルを最大に発揮できる分野であると思っています。
[ 2011/09/06 01:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

もちだです。
オナニーを覚えた経緯は忘れてしまいました…おそらく女の子の登り棒や机の角に擦りつけた際の性感発見にも似た偶然だったと思います。
>>「精神的オルガズム」
風俗やAVと違い、わざわざ聴覚のみに頼った音声作品を聞くわけですから、作り手に求められている課題は多そうですね。
さらに面白いものが作れるよう頑張ります。
[ 2011/09/06 20:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://voicefactory.blog78.fc2.com/tb.php/217-c0a69199