FC2ブログ






コメ返しです 


遅れましたが、コメ返しです。
長くなりましたので、記事であげておきます。


>>通りすがりさんいらっしゃいませ。
DLどうもありがとうございました。感謝感謝です。
おっしゃる通り、「ツンデレ痴女ヤン娘2」も上げられるよう努力します。
この前、さわりだけ聴こうとヘッドホンをつけて再生し始めたら、結局、前後編全部聴いてしまいました。
まぁまぁ、よく出来てる感じですよ(自画自賛)
少し編集で削ってあるので、原稿を修正しないといけません。
いましばらくお待ちください。
が…その前にですね、実は次回作の音声が上がってきましたので、これから製作・編集に入ってしまいます。
タイトル、内容などは次回のブログ記事でお知らせしますね。
お楽しみに。
(8.25追記 スミマセ~ン、もうちょっと待ってください…。)



>>淫語魔さんいらっしゃいませ。
いくつか知っている神話のうち、「エロースとプシュケ」は絵本まで持っているお気に入りの1篇です。
古代神話では嫉妬や好奇心、憎悪、傲慢などほとんど人間的とも言える神様がやりたい放題に活躍しますね。
そんな中でもこの話には、なんというか非常に大らかな恋愛観を感じます。
プシュケは素直で心優しく良い娘だけれど、どこまでいっても愚かな娘で、それだからこそ可愛い人間とも言えます。
そんなプシュケをしょうがない奴と思いながらも最後まで見捨てないエロースとの関係がいいです。
戦いに明け暮れていたので、なんだかよく分からない不条理な話も多いですし、時にはこんなふうに教訓のような話も残っていたりしますね。
のちに西洋文化の精神を支えるキリスト教にも所々影響を与えます。
確かに少しばかり不条理であっても、ごり押しで自らの考え方に相手を変えてしまおうとする強引さは見受けられます。
日本は地理的に陸続きの環境ではないですし、押しに弱く交渉は苦手ですね。


[ 2007/08/22 19:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://voicefactory.blog78.fc2.com/tb.php/21-c5f2d345