FC2ブログ






感謝御礼申し上げます!第22弾 


どうも、もちだです。
新作「ヒプオナ」ですが、無事公開できましたことを皆様へ改めて感謝致します。
しかし長い作品ということで同時にご迷惑をおかけしております。
考えてみたらコレ、映画一本観るより長いのですね。
どんなに長編でも120分くらいにとどめておくべきでした。
次に催眠を書くときには気をつけます。
紅月さんに渡したら、こんなに長いのはやったことないと言われ、もしかしたらお蔵入りするんじゃないかと思っていた作品です。
けれど本当は・・・。
自分の頭の中には、もう2本入れてオムニバスにしようとする構想がありました。
下が一応プロットまでは行かないネタ帳です。



(ネタ帳1)
なんとかその草原を抜けてサキュバスから解放されたあなたは、次に街へ出ます。
宿屋を見つけそこに宿泊することに決め、気持ちよくベッドへ寝付くと、そこでまた不思議な夢を見ます。
そしてハッと気づくとすぐに体が動かなくなる。
金縛りに見まわれたあなたですが、目ははっきりと見えています。
けれど体は動かない。
絶対に動かない。
宿屋の看板娘は好色なキツネの妖怪で夜通しこってりと抜かれます。
次の朝目覚めると宿屋はありません・・・。


(ネタ帳2)
あなたはまた歩き始めます。
ガタゴト、ガタゴト・・・。
途中汽車に乗って揺られて移動。
下車するとまるで数百年も時間を飛び越えたかのように、たちまち現代風のビルが立ち並ぶ都会へと出ます。
ふとあなたの前を横切る黒猫につられ路地裏を抜けると、昨日まで稼動していたかのような廃工場へとたどり着きます。
黒猫はもういません。
あなたは門をくぐり半分開きっぱなしの扉の中へと入ります。
するとベルトコンベアに寝かされた何千体もの少女人形があって、黒い欲望に支配されたあなたは人形を次々と犯しまくります。
そして最後に手をかけたその少女人形は・・・。


きっとこれ入れたら6時間くらいですかね?
声優さんもやってられません。
聞くほうは最悪いろんな意味で死にますww
人形ネタは話を練り直して別物とし、機会があればやってみたいと思います。
その前にもっとストレートでわかり易いエロを創作したいです。
聞きようによっては馬鹿作品になるくらいなやつを。


それからTOPの原稿抜粋ですが今回は催眠作品ということもあり、せっかく訪れて来てくださったリスナー様へのネタばれは最低限のほうが良いかなと考えていますので、しばらくこのままとさせてください。いずれまた貼ります。



ではまた必ずお逢いしましょう。





[ 2009/12/02 01:08 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://voicefactory.blog78.fc2.com/tb.php/156-83634469