FC2ブログ






第22弾、新作について 


音声催眠
『ヒプノティックオナニー~into the deep(サキュバス編)』

声:紅月ことね
スクリプト:もちだ弁慶
絵:猛威屋

<作品構成、内容に含まれるもの>
【音声ファイル1】導入、トランストレーニング(36'41'')
【音声ファイル2】沈黙の草原、そしてサキュバス(84'28'')
【音声ファイル3】蘇る記憶、悪魔との交わり(53'59'')
【音声ファイル4】後催眠と解除(10'14'')
(mp3 256kbps 全編約185分)

*htmlスクリプト原稿、サムネイル特大画像、おまけ音声パーツ
予価1,260円



現在DLsite.comへ登録申請中です。
審査を通ると11月29日(日曜)頃にはDL公開が間に合いそうです。
今回はドラマパートが二つあった第20弾とは違い、完全に催眠メインで進行して行きます。
これは催眠術師がそれを受ける「あなた」に対して術師のスタンスを崩すことがないという意味で、導入から解除に至る最後の瞬間まで不変となります。
つまりドラマのようにキャラが台詞を喋る要素がありませんので、当サークル既存の作品を想像されるリスナー様には少し説明が必要となります。
初めにその点のみご理解頂き、次に補足説明をします。



<音声催眠と淫語ボイスドラマとの違いは?>
両方とも主観で描かれています。
個人的には「何かを体験するという」意味で”本質的”な違いはないと考えています。
これは書き手としてあるいは聞き手としてであっても同じ思いなのですが、では何が違うかというと、催眠独特の手法で世界に入れていく感覚が違います。

具体的には落ち着きのあるリラックスした状態から徐々にイメージを広げてゆくところです。
このトランス感覚こそが音声催眠最大の特徴の一つであり、そこを楽しみにしておられるリスナー様が多いのもまた事実です。
そしてこれは(時として効果的に)いきなり始まる淫語ボイスドラマではほとんど注意をはらわれない部分とも言えます。
例えば淫語ボイスドラマでは学校で居残りさせられて女教師からフェラチオを受けているシーンから始まっても良くて、またそこが面白いと言えるのですが、音声催眠ではここに到達するまでに「そうなっている状況が当然なこと」のように心理状態を持って行かなければなりません。
これは性的興奮の高みに持っていくための表現手法が異なるだけで、音声催眠と淫語ボイスドラマの間に質的な高低の差というようなものはもちろんありません。
ただし肌に合う・合わないはあると思いますので、体験版サンプルをお聞き頂き雰囲気の違いを確認してください。

そしてもうひとつの特徴は語法です。
「あなたは~になります」、「そこは~です」、「サキュバスはあなたに~します」など受け手の精神の外側から直接暗示によって語りかけて行くやり方です。
この「トランス感覚」と「直接暗示」の両輪がうまく転がると、あたかも「そうであるかのように体感できる」催眠となります。

<内容の注意は?>
今回セックスを体感する相手がサキュバスということで、人間では不可能なことをやられます。
グロ耐性が無くても恍惚感で打ち消されるので大丈夫なように作ってありますが、心臓の弱い方や精神疾患のある方はご試聴されないほうが良いかと思います。
あとは性的に「おまんこの匂いを嗅ぐ」、「顔面騎乗」など変態(フェチ)方向に傾きますので、その辺りも合わせてご注意ください。



ではでは今回はこの辺で。




[ 2009/11/25 21:45 ] 同人日記 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/12/21 18:28 ] [ 編集 ]

Re: ヒプノティックオナニー~into the deep(サキュバス編)は最高でした!

いらっしゃいませ。

まずは第22弾新作をご購入くださり、誠にありがとう御座いました。
さらにお褒めの言葉まで頂き恐悦至極に存じます。

仰る通り紅月ことねさんは本当に素晴らしいセンスをお持ちの方ですね。
聞き手の呼吸をよみ絶妙な間合いをはかる演技者としてのコントロール術には、
毎回感心させられます。
これはもう紅月さんが自然に身につけている才能という以外には無いのかも知れません。

サキュバス編に関しては少し時間が経ち反省点も見えてきました。
ヒプノティックオナニー2をやるとすれば当然紅月さんしかいないと思います。
他の作者に比べ遅筆なサークルですが、頑張って書き上げますので次回作もどうぞ
ご期待くださいませ。
[ 2009/12/21 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://voicefactory.blog78.fc2.com/tb.php/155-de6ca882