FC2ブログ






作業用おすすめクラ楽曲 


どうも、もちだです。
新作原稿も少しづつ進んで参りました。今は90%くらいです。
興奮しながら書いては翌日に消し去りorz
本当にもう馬鹿かと思うくらい数ミリ単位の一進一退の攻防を、数ヶ月も繰り返しています。
そんな不器用なエロ同人ライターもちだですが、原稿を書きながら音楽を聴くことがあります。
Perfumeもしばじゅんも椎名りんごも聴きますが、一番聴くのはやっぱりクラシック音楽です。
クラマニアの自分が昔から愛聴していて、つい最近になってまた良く聴いているのが下の曲です。

『マ・メール・ロワ』 作曲:ラヴェル(1875-1937 仏)

幻想的なおとぎの国の雰囲気が聴く者の心をなごませ、落ち着かせてくれる名曲です。さらにラヴェル特有の氷のような冷たさや機械仕掛けの精密さといった印象をもしっかりと堪能することが出来ます。
特にアールヌーヴォー時代の優美かつ華麗に洗練された気分を味わいたい春から夏にかけて、お薦めの楽曲です。

↓画像クリックで飛びます


ラヴェルには二面性があり、冷たい曲と熱い曲の温度差が激しい作曲家です。なのでどんな曲でも作業用に向いているわけではありません。
もちだの印象では管弦楽「マ・メール・ロワ」、「優雅で感傷的なワルツ」、「亡き王女のためのパヴァーヌ」、「クープランの墓」、「古風なメヌエット」ほかピアノ小品は全体的に自己主張がそれほど激しくなく、作業用には聴きやすいと思います。読書のBGMにも合うと思いますので、興味ある方はぜひ聴いてみてください。



第2場 眠れる森の美女のパヴァーヌ





[ 2010/04/20 01:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

久々に何度も観たAV 


何気なくなく借りたレンタルAVを久々に繰り返し観てしまいました。
下がそのタイトルです。


究極の自宅出張入浴サービス!「四畳半ソープ」はじめました。

究極の自宅出張入浴サービス!「四畳半ソープ」はじめました。


3人の女優さんが出てきます。
全て癒し系です。
淫語は出張ソープのプレイ中に少ぉし喋っています。
企画的に仕方ないのですがPOV(主観)映像ではないために、男優が完全に映ってしまっています。
しかしまぁ、自分のように鍛え抜かれたプロオナニストには関係ありませんが(`・ω・´)キリッ。
いやそれどころかやられ役のダメ男優達のちんぽサイズがみな、自分の投影しやすい短小ぞろいというところに好感が持てます(笑)

それで繰り返し3回も観てしまったのは“七葉しほり”という女の子のパートです。
映像やサンプル画像では赤いドレスを着ています。
彼女はDMMの紹介映像では分かりませんが、まず声の質が可愛らしく女性らしい喋り方もとても良いのです。
プレイ相手のことを何度も○○くんと呼びかけ距離を縮めつつ、反応を確かめながら、やさしく癒らしく語り掛けることが非常にうまい子でした。
特にスケベ椅子を経て一通りプレイが済んでセックスに移る前に言った「○○くん、ねぇ、私と一つになろう?」と誘う言葉のセンスが非常に優秀です。そこがとても印象に残っています。
きっと淫語AV作品には合うと思いますが、どこか使ってくれないでしょうか?
お近くのレンタル屋で見かけたら料金の安い日にでもぜひ借りて観てください。

ではでは。






[ 2010/04/11 10:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)