FC2ブログ






Softalkにゆっくり詩を読ませてみた 


新居昭乃さんの楽曲を聴いていて思い浮かんだ詩です。
ゆっくり聞いていってね。つらくならないでね。

http://blog-imgs-38.fc2.com/v/o/i/voicefactory/yukkuri_0001.mp3

世界

おだやかな廃頽を続けながら力尽きて逝く美しい現実のように
夢見る丘から臨む死の大海へと身投げする幻想のように
ゆっくりと沈んでゆく
広がってゆく
切なくなるほどに愛おしい
きっとこんなセンチメンタリズムなど持つべきではないのかも知れない
この世の終わりに

VOICE☆FACTORY もちだ弁慶


なにこれ、いいなぁ。いい、いい。案外いいww







[ 2010/02/28 22:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

カーリング用語(えろ) 


イエスイエス、オウゥイエス、イエス、ウォォー!!、ノォォー!!、ハリィィ!!

チーム青森はまだしも外国の選手が叫ぶところは、何だかずっぽしヤっちゃってる感丸出しの洋ピンみたいで、前々から気にはなっていたのですが、まるで意味が分かりません。
これ実は喘ぎ声ではないらしいのです(当たり前)

それでもってググっていたらこんな素敵サイトを見つけました
http://watch.s22.xrea.com/blog/archives/0602201825.html
イエス ---- :シコシコしろ!
ウォー ---- :シコシコしないで!
イージィー - :あまり強いシコシコは必要なくフィニッシュは指示通り!
クリーン --- :ちんカスを取り除くために軽くシコシコ!
オフ ------ :シコシコ中止!
ハード ---- :一生懸命シコシコして!
ハリー ---- :超激しくシコシコして!


いやぁうまいなこのblogの人ww、ほんと適切すぎですね。
これ使ってカーリング淫語できそう。






うん、やらないけどね




[ 2010/02/20 20:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

機動戦士ガンダムと無意識の海 


全話通して1度は観た記憶があるのですが細かい回想はできません。
しかし映画の3部作は観ましたのでまとまった記憶があります。
次のZは初代より観ていないものの少しは観ました。
ZZに至ってはほとんど記憶がありません。
このところ巷ではそのUCガンダムがOVA(?)媒体で復活するとかで、かなり盛り上がっているようです。
さっそく公式まで見にいくと、キャラクター紹介ページにいたオードリーバーンという娘に見覚えがあり、何か引っかかりを感じます。
調べると予想通りミネバ様でした。
http://www.gundam-unicorn.net/
ここまで成長した彼女を見られる日が来るとは感慨もひとしおです。
けれど自分が16歳の民間人となったミネバ様に恋心を抱いたとしても、もはやロリコンとは言えません。さりとて幼い頃の彼女を知っているという過去の記憶がモンタージュとなり禁断のエロスを生じさせてしまうかも知れず…あの純真にして高貴なミネバ様を汚すなど許されないというこの狂おしいほどのロリエロスパイラル。。。
あぁなんと言うことだろう、これはアグネスの突っ込みを待つまでもなく相当な悩みどころです。
いいえ、本当は特に悩んでもいません。

言いたいことはそんなことではありませんでした。
機動戦士ガンダムに出てくるアムロとララァとの戦闘場面で、宇宙が海になるシーンがありますよね?
あれはユングの言う「無意識の海」を表しているんだろうなぁとなんとなく大昔に気づくべきでした。
しかしこのところ催眠についてよぉく考えるようになった最近になって気づき愕然としました。
原作から30年以上も経っているというのに。。。orz
ニュータイプ=超能力者(超人)と考えているうちは中々気づきませんね。(テレパシーや予知などは完全に超人技ですが)
「宇宙に出ればニュータイプに覚醒する」という言葉から催眠に関連づけると相当なヒントになります。
それは自分の意識に内在する無意識(宇宙)へとすっぽり包まれるように考えることです。これでかなり催眠状態に接近できます。
宇宙が難しい場合はよく使われる催眠誘導にあるように海ですね。
やはり海に沈むイメージが自分には一番分かりやすいです。
催眠術師によってはエレベーターであったり、階段であったり、スカイダイビングであったりするかもしれません。
そこから様々なイメージ誘導が生まれます。
無意識の海にユラユラ沈み漂っているイメージだけでも気持ちいいので、ぜひ試して見てください。

それではまた。





*あくまでも個人的な偏見による私的な解釈です。富野作品を限定するものではありません。



[ 2010/02/06 01:09 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)