FC2ブログ






トランス出来るかもしれない?クラシック音楽5 


今回は催眠にとても縁のある楽器を紹介します。
催眠術の祖であるメスメル(1734-1815)が実際に施術に使用したと言われるグラスハーモニカです。
その音を聴いた(あるいは演奏)した者が死亡する、発狂するとの噂が広まったため、長らく演奏されることはなく、また楽器自体も製造されることがありませんでした。
メスメルと同時代に活躍していたモーツァルト(1756-1791)やベートーベン(1770-1827)も、実はこの楽器のためにいくつか曲を残しているのですが、数は多くありません。
フランス革命(1789年)以降ベートーベンの活躍した時代には、「貴族のためのサロン音楽」から、「より多くの観客のための市民音楽」へと移行する時期と重なったこともあり、劇場で小さな音量しか出せないグラスハーモニカのような楽器は、どんどん淘汰されざるを得ない運命となったのです。
バッハ(1685-1750)の活躍していた貴族音楽の栄えた時代には、リコーダーやギター、マンドリンも主流でしたが、音量の問題や表現できる音域の狭さから、代わりにピアノが台頭し始めます。
ピアノの前身であるフォルテピアノやチェンバロなどは通奏低音楽器と呼ばれ、伴奏扱いを受けていたのにもかかわらず、大きな音量や豊かな音域を出せるようにと開発が進んだため、その後の独奏曲や協奏曲の花形楽器となったのです。

今回紹介するグラスハーモニカですが、前述したようにwikiペディアには、精神障害を引き起こすなどのような不安を煽る記述があります。
この古い楽器の再生が進んだいま現在、演奏者や聴いた者の死亡や精神障害などの報告は無いと思います。
おそらくパソコンの高周波ノイズのほうがひどいはずですし、何十回、何百回と聴いているもちだも変人ではありますが、発狂まではしていませんので安心してください。
一度ここを読んでから納得のうえ再生してください。
メスメル
グラスハーモニカ




曲自体はとても美しい、天上の調べのような音楽です。
モーツァルト グラスハーモニカのためのアダージョKV356(KV617a)





http://www.hmv.co.jp/product/detail/59620/track/1
(↑ブロッホ盤 グラスハーモニカ曲集 試聴出来ます)



[ 2009/10/30 20:19 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

トランス出来るかも知れない?クラシック音楽4 


今回はとても危ない世界へと皆様をご案内致します。
前回のマーラーが後期ロマン派の終焉を予告し、次に近現代音楽へと向かう20世紀半ばの時代、この頃にはもうクラシック音楽の中身はロマンから狂気へと移行しています。
「トゥーランガリーラ交響曲」は第二次大戦後まもなくフランスの作曲家メシアンによって作られた大曲で、パッと聴きどこかしら新興宗教じみているような、、、それでいて特撮映画音楽にも似た不協和音がSF的な印象をも与え、聴いている者をとても不思議な気持ちにさせてくれます。
トゥランガリーラは全部で10楽章ありますが、全曲聴く場合にはどうぞご注意ください。
(どっぷりトランスする気であれば、宇宙に呑み込まれていくような感覚が味わえます)

喜悦という名をかりた官能的で狂気な世界 -
メシアンの表現した愛は、人間を超越した巨大な存在へと向けられています。



トゥーランガリーラ交響曲 序章



http://www.hmv.co.jp/product/detail/1501962
(↑ラトル盤 試聴できます)




[ 2009/10/24 21:14 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

ぺぷしAZUKI 


うっはー。
キタキタキタ、キタコレ。
すっごいマズイのキタァァー!!
今回も注目してただけのことはあって、期待どうり相当マズイです。
井村屋のあんまんをめいっぱい口に含みながら、ダイエットぺぷしを無理やり流し込んだ感じがする。
傑作のマズさ。
けれど「あずきっぽさ」だけで言うなら、くどすぎるくらい良く出てます、うんうん。
どうですか?皆さんもこの一本に挑戦してみませんか!
ちなみにもちだは半分飲むのが精一杯でした。
もう二度と買いません。




[ 2009/10/20 19:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

トランス出来るかもしれない?クラシック音楽3 


マーラー交響曲第5番第4楽章 アダージェット



とても瞑想的かつ耽美的な名曲です。
作曲者マーラーが自らの妻アルマに宛てたこの曲は、全編に渡り愛の憧れと平安に満ちています。
最後に訪れるロマンチシズムの爆発が、この旋律を聴く者すべてを、必ず至福へと導きます。
この楽章だけであれば、カラヤンのアルバム「アダージョ」にも収録されていますが、前後も良い曲で構成されていますので、ぜひ全曲聴いてみてください。
他にマーラーの交響曲では第4番もお薦めです。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/115099
(↑インバル盤、試聴できます)






[ 2009/10/15 19:12 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

催眠メモ5 制作状況 


10月の初めに原稿が完成しました。
目下声優さんと相談中です。
もちだの気の入れようが半端なく、スクリプトが長編すぎてテンションを保ちながら声を入れること自体が難しいとのこと。。。
うーん、原稿量だけでいうと第20弾「ダウナー彼女の射精誘導」の2倍あります。
特に長ければ良いというものではないと分かっているのですが、世界観を構築するためにどんどん書いて行ったらそうなりました。
あぁ…気合入れ過ぎ、やっちまった。。。


お蔵入りこえーっ。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル


ということで、当初予定しておりました10月後半の公開は無理そうですので、11月予定(仮)にさせて頂きます。


[ 2009/10/12 22:18 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

ぺぷし 


ペプシ



あれだけペプシ納豆にしろって言ったのに、ペプシ○○○にされた!!

まぁ一本は買います。

甘そう。


[ 2009/10/02 20:57 ] 同人日記 | TB(0) | CM(1)