FC2ブログ






崖の上のポニョを観た 


ネタバレ注意。














































正直、お金を払って観て良かった。
物足りないという前評判など気にせず、この作品は絶対に映画館で観たほうがいい。
どれほどの大型テレビやプロジェクターを持っていたとしても、後からDVDで観るのとは迫力が違うからだ。
生きる海、「水魚」の群れがスクリーンからあふれ出しそうになるくらい躍動する圧倒的名シーンや、水没したはずの町並みが何故か安らぎと平安に満ちた空間を描き出す、「水」表現の美しさ。
それら幻想的な描写風景を視界一杯に体感するだけでも、充分映画館に足を運ぶ価値はある。
ポニョ、宗介を始め、登場キャラクターも生き生きと動き、喋り、とても良い。
総評では竜頭蛇尾に終わってしまうことや、あるいは宗介の頑張りが描き切れていないことなどを不満に挙げる大人がいる。
しかし批判を承知であえてそれを足さなかった理由が、きっと監督の頭の中にあったはずだ。
物語にメッセージ性を求め過ぎる大人や、理屈が通らなければ全て無効と判断する偏屈な人間には楽しめない。
手で描かれた絵の水族館を観にいくような軽やかな気持ちで、眼前に広がる101分を楽しむべき作品。
もう一度観たい。

[ 2008/07/29 20:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

バーバモジャ 


掃除をしていたら、元女流棋士五段、林葉直子のヘアヌード写真集が出てきた。
「スキャンダル 恋写」’98
これ、自分の意思で買ったのだろうか…。
いやまぁ、置いて行く奴はいないから、おそらく買ったのは間違い無さそうだ。
ググって見ると、今はタロット占いや物書き、漫画の原作もしているということ。
多才でとてもうらやましい限り。
それはさておきヘアヌードの陰毛が




ケイン濃すぎ




尻の穴までつながるモジャ毛は実に豪快そのもの。
男が挿入する際、膣に陰毛を巻き込む心配をしてしまうほど、この人の生き方を象徴しているバーバモジャ。
人生を巻き込まれた中原名人の気持ちも分かります。

次の資源ごみには、雑誌にまぎれ込ませ捨ててしまおう。



[ 2008/07/28 01:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

しばじゅんの新譜 


忘れていた!
6月にしばじゅんの新譜が出ていたのを。
しばじゅんとは、もちだの大好きなシンガーソングライター、柴田淳のことだ。
公式サイト:http://www.shibatajun.com/frame.html
最近は少し変わってきた感があるけれども、一時期は自分を痛めつけるリリックばかりを目立って書いていた。
ちょうどドリーミュージックからビクターへの移籍前のことだ。
まぁしかしなんというか、しばじゅん節は変わらない。
シューベルトの音楽に似た、病的に薄暗くうねるようなリリシズムと女性独特の柔らかさをあわせ持ったあのメロディが忘れられず、アルバムは全部揃えているほどだ。
美形の口から漏れる少しくすんだ歌声も魅力的である。
シングルカットされているアルバムの一曲目がカラフルと言いながらも、モノクロかセピアにしか聞こえないところがまた、しばじゅんっぽい。
いい意味で。(←こう書いておけば大抵のことは大目に見られるw)
しかしそこにはちゃんと理由があって、柴田淳は歌詞に英語を一切使わないからなのだ。
カラフルのように最小単位で使うことはあるけれども、それでも例外といえるほどで、実際このアルバム全体でも「カラフル」と「メロディ」の二単語だけしか使われていない。
大抵のソングライターは、サビの部分をカッコよく聴かせるために、あるいはうまく言葉が当てはまらないフレーズでは、意味不明な英語を使い、必ず逃げる。
そして歌詞に味わいが薄くなる…。
彼女はそこをグっとこらえて妥協しない、頑固で良心的で濃い口な日本人作詞家であろうとする。
ストイックなのか真摯なのか、おそらく両方なのだろうけれど。
Blogの更新が頻繁で、しかも長いことでも有名だ(笑)
すべてひっくるめるとつまりは、素敵で魅力的な人だということである。


[ 2008/07/23 01:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

なぜだっ 


家に居るとダレて筆が進まない…。
いかん、これではいかんっ。
ということで、近くのネカフェに行ったら3店とも満席でやんの。
ぶるぅぉぉぉぉぉぉぉぉーっ(若本規夫ふう)
こんなことは初めてだ。
おそらく今日はすげー暑かったので、皆涼みに来てるんだと思う。
まったく、不景気だから外食産業は下向きだなんて嘘だね、あぁ嘘だとも。
ネカフェは外食産業ではないのか、あぁ暇つぶし産業なんだ。
3時間900円から1,000円だから、普通の人に取ったら安いんだろうな、きっと。
でも、もちだのような貧乏人にとってはまだまだ割高と感じるから、ひどくもとを取るのに真剣になる。
したがって、もちだはネカフェで漫画を読んだことがない。
ずっと原稿を書いている。
何故かダレずに没頭できる良い場所なのだ。
狭いところに半分閉じ込められてる感もいい。
もちだには6畳でも広すぎるのだ。
1畳で充分だ。
でも先ほど家に戻ってきてしまった。
しかたない…6畳もある広い部屋で原稿を書くとしよう。

[ 2008/07/13 18:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

チャンピオンカレー 


http://www.championc.biz/index.htm
もちだはカレーにうるさい。
めちゃくちゃうるさくはないけれど、中くらいにはうるさい。
何故なら、鶏がらスープをベースにスパイスからカレーを作り上げることもあり、自分が作れる以上の味を出されなければピンとこないからだ。
名古屋に金沢発カレーのチャンピオンが春からオープンしていた。
名古屋と言えば安定した旨さのCoCo壱発祥の地である。
そこに殴りこみをかけて来たのだから、さぞかし自信があるのだろう。
というわけで、気になっていたので行ってみた。
選んだのはオススメのLカツカレー。
肉の脂味からいうと、いわゆるトンカツっぽい。
千切りキャベツのトッピングとともにフォークで食べる。
これをカレーのソースと一緒に一口。
んっ、これは!


レトルトの味だ…。


喫茶店にある業務用のカツカレーの水分を減らして、S&Bのカレーパウダーを足しドロっとさせた感じ。
工夫すればもう少しなんとかなるはずではないのかな。
自分で作れると感じた瞬間、悲しさだけがこみ上げるのだった…。
南無ぅ。

*11~14時、100円引きのランチタイム。
[ 2008/07/08 19:29 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

メモリ増設 


もちだのパソコンは6年前に買ったもので、CPUはintelペンティアム4、2.0A GHz。
まだまだ現役使用中。
けれど最近はよそのパソコンを使う機会があると、やはりうちのは重いと感じていた。
メモリを512MBしか搭載していないせい??
調べてみると中古で同じSDRAMメモリが今なら2,000円代で手に入るっ。
思い切ってポチしてマザー上限ギリギリの1GBまで増設してみました。
こ、これは…。


はやい!


感動だ。。。
体感でいうと1.5倍くらいの速さがある。
試しにDLsite.comのTOPを開いてみる。
すると5秒以内には本日分のサムネイルが映るようになった。
え、遅い?
いや、これでも速くなったほうなんですけど…。
ロンドンオリンピックまでは使う予定。
[ 2008/07/05 22:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

ロボットとせっくる 


「ロボット売春婦」との性行為は浮気に該当するか?
http://slashdot.jp/articles/08/07/03/1518208.shtml

ちょっとくだらない記事が2ちゃんで紹介されていたので読んで見た。
まともにくだらない回答をすると、法律的に人格も認められない「モノ」であるから、浮気(不貞)とは認知されませんね普通。
そういう意味ではロボットはオナホと同義です。
男がオナホマニアだったり、女がバイブマニアだった場合、それぞれの道具を相方に使ってもらえば無事解決します。
けど、ロボットの場合はどうだろう??
ふたなりタイプにして3Pでもしたら?
ロボットを真ん中にして後ろの男にハメられ、前の女にハメるという画期的なふたなりセクサロイド。
これで夜毎のマンネリ性活ともおさらばになるし、何も問題はないっぽい。
けどやっぱり問題になるケースもありそうなんですね。
男には色々と理由をつけて度々セックスを拒否ってるくせに、相方の女は毎晩ロボットとパコパコやっていたとしたら…。
いずれそのロボットを金属バットでぶっ壊す日が来るのではないか。
そうすると結論的に「ロボット売春婦」は浮気ということになり、近未来には不貞の法解釈が変わるかもしれませんね。
うーん、ナルホドナルホド。。。
[ 2008/07/04 22:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)