FC2ブログ






今さらデスノートを観る 


『ヒカルの碁』に引き続き、これまた今さらながら『デスノート』を観ている。レンタル、アニメ版で。
かけひき、心理描写が非常によく出来ているけれど、しかしそれだけで進行しているような気がして。
これって小説向きではないのだろうか。
もちだはむか~しw大学で法律を学び、ゼミは法理学で、卒論が『死刑論』だったので多少興味はあった。
若かったもちだは、トーマス・ホッブスの唱える古典の社会契約説に心酔していたこともあって、人間は放っておけば必ず他人に害をなす存在であると考えていた。
例えば、今この日本が突然、無政府状態になったとしたら、どうなるだろうか?
社会契約により保たれていた法律が消失・無効化し、当然犯罪という概念がなくなるから、粗暴、凶悪、不条理極まりない事件が多数発生する。しかしその時にはそれを裁く法も国家も存在しない。
おそらくそれらに対抗する武装コミュニティが形作られることになるけれど、その際に契約が発生し、『約束ごと=法の原形』が誕生する。
こうして一つの社会契約が失効したあとにも、別の社会契約が成立し、それを永遠に繰り返す。自己保存のために。
デスノートはこうした無政府状態になった時にこそ、最強の武器になり得るが、最強であるがゆえに、きっとその使用を規制する法をも誕生させることになる。
そして、そうなった時には法のもとに管理、執行される死刑の道具としての役割しかなさず、もはや現行の絞首刑のそれと何ら変わりはない。
つまり刑法に『殺人、強盗・強姦殺人およびそれに類似する凶悪犯罪者は、必ず死刑』という一文があれば、夜神月にデスノートはいらなかったことになるのだ。
さらに、この法律に怯えるものは、重犯罪を犯す可能性のあるものだから、反論は一切受付けられない。
…としたら、果たしてどう考えるだろう。
その場合もまた、自己保存の法則にもとづいて行動することになるはず。それがきっとこのストーリーの核心である。

[ 2007/12/29 23:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

東大生、ミスキャンブログ炎上 


高橋美紀子嬢の『あふじゃで研修中』07.11.11より

(live doorニュースから引用抜粋)

こじき探してたら、こうゆう時に限ってこじきに出会わない
いつもはそこらじゅうにいるくせに、今日だけいないの
で ようやく見つけた子供のこじきにコロッケあげるよって言ったら

拒否・・・

いらんって
せっかく恵んでやろうと思ったのに
ってか いつも食べ物くれって言ってくるくせに
こじきのくせに

(詳細)
http://news.livedoor.com/article/detail/3439496/
参照1ウェブ魚拓から全文が…


むむっ、このキャラクターは使える。(爆x100)
M男にグっとくることを言う娘ですね。
頭が良くて性格が悪い娘というのは、SキャラとしてGJです。
当然2chでは祭りになってますけれどもw
ブログのご冥福をお祈りします。

[ 2007/12/22 22:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

BL好きの腐女子を考える 


今さらながら、『ヒカルの碁』のテレビシリーズを全て観た。
ニコ動で…。
話自体はヒカルの成長物語なのだけれど、主役はもちろん、そこに絡んで来る脇役達の嫉妬や怒り、不安や葛藤などの心理描写がとても丁寧に描かれていて、不覚にも何度も涙が出そうになった。

と…ここで本題です。腐女子について。

こういった作品には付きものの、腐女子による(ものと思われる)BL(ボーイズラブ)系のコメントが多数あり、そのコメント自体を消して観ることは出来たけれど、面白いので全部流して観ることにした。
どうやら、ライバルのアキラがヒカルに興味ありありなのに、目の前でツンツンしている姿に、彼女達は『萌え』を感じているらしい。
まぁ、分からなくも無いので、コメント自体は全て楽しめた。
もちだはレズにあまり興味がわかないので、異性の同性愛にロマンを感じる人の気持ちを、100%は理解できない。
けれど画面に登場する美少年や美少女を、まるで『人形=フィギュア』のようにとらえ、頭の中で独自のストーリーを組み立て、自由に妄想するプロセスと、その楽しみは充分に理解できる。
それをジャニーズや、類似した3次元のアイドルに置き換えても同様に。
ただ異性の同性愛に対して、何がしかのロマンやファンタジーを感じ続けるためには、それを見守ることにカタルシスを獲得する必要がある。
逆に言えば、「それを妄想することで気持ちがいいと思える何か」が無ければ、妄想などしないということ。
ここで前提として言えることを整理しておくと、BL腐女子は異性が好きなのであり、自身が同性愛者ではないのだから、今流行りの性同一性障害などではない。
両刀の場合を除き、セックスはノーマルのはずである。
きっと、異性の同性愛に憧れるときに、どちらかの同性愛者に自己を投影して心の欠落を満たすことで、彼や彼女の魂のアンドロギュノスを具象化した恰好となり、それを代償にカタルシスを充たしているのではないのかと推測する。
つまり、BL好きの腐女子と呼ばれる彼女達は、『ふたなりの自分を愛し、また愛されることを切望している』のではないかと。
レズ好きの人間ではない単純なもちだからすると、これは結構高度な妄想遊戯に思えた。
腐女子はエロ・エリートである。
以上、ヒカルの碁の感想でした(爆)

[ 2007/12/20 23:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

鬱のくすり 


ここ数週間、なにかとゴタゴタとありまして気が滅入ってました。
「食事は出来るけれど、元気はない」程度の中途半端な落ち気味の時には、生きていることに大した刺激もなく、そればかりか希望や幸福感さえも見出せず、時には人生そのものを否定的に考えるようにさえなっていたわけです。
「軽く鬱始まったな、オレ」的なことを考えつつ、気分転換にレンタルビデオ店で普通のビデオを借りてくるつもりが、今後の資料にとアダルトビデオを借りている自分。
なんのヘンテツもない「手コキ&フェラもの」だったのだけれど、元気がムクムク湧いて来るじゃあーりませんか。
あれやこれやと、いやらしい妄想が頭の中に広がって、この週末から新たな原稿を書き始めています。
人生の活力はセックスから。
エロは自由。

[ 2007/12/09 16:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

テラ豚丼 


テラ豚丼というのが、ネットで話題になっている。
すき屋のメガ牛丼に対抗して、吉野家のアルバイトが遊びのつもりでやってみた超大盛り豚丼のことらしい。
仮にもしも自由に使える食材があったとして、そこに幼稚園児や保育園児を放りこんだなら、きっと5分もたたないうちに厨房がテラ豚丼だらけになることは、容易に想像できる。
もちだも5歳くらいの頃に、テレビで見たデカいおにぎりに憧れて、同じ物を作ってくれと、朝から晩まで母親にダダをこねたことがあった。
で、どういうわけかやってくれて、その時は直径15、6cmくらいのおにぎりを作ってくれたものだ。
でも、結局半分も食べきれるはずもなく「もういらない」と残したら、「食べられない量のものを作らせるんじゃない」とひどく怒られた。
多分そういう教育のために、わざと巨大なおにぎりを作ったものだと今は理解している。
それで経験的に考えられることは、テラ豚丼を作ったアルバイトは、もちだの5歳当時の知能しかないことになるけれど、食べ物はおもちゃではないということを教わらなかった人なのだろうと思う。
例えば、汚い厨房を見られるのが嫌だとか、よそった豚肉を落とすほど技量がない等は全て、「吉野家」のイメージをダウンさせるだけの問題で終わる。
他に、食べ物をおもちゃにして遊んでる人が、「吉野家」のバイトをやってること自体許せないという「吉野家ユーザー」の見解には同意できる。
ただし、本人と思われる者が、「まかない」として食ったと発言しているようなので、もしもそれが本当なら少しは安心できるのだ。
二度とやらないで欲しい。
けれど…困ったことに今度はケンタッキーでゴ○ブリを揚げた奴がいるという…。
[ 2007/12/06 19:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

原稿UP 


ちょっと更新が空いてしまいました。
むむっ、ということでお詫びに新作の原稿をUPしましたので、朗読を聴きがてらチェックしてみてください。
次回作はまだまだ構想中なんですが、今度は「癒し淫語シリーズ」とは違うものをやってみようと思っています。
ただ、このシリーズは個人的に気に入ってるので続けるつもりですよ。
やっぱり、「ささやき」というのは良い表現手法だと思います。
それではまた、なにか思いついたらblog書きますw
[ 2007/12/02 09:47 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)