FC2ブログ






エアーフェラチオ&エアー手こき 


dry blowjob and handjob


まず200万アクセスもあることに、ニヤニヤ笑い。
フェラ&手コキマニアのもちだとしては、うれしい映像だ。
とくに後半のエアー(ドライ?)手こきのほうが良い。
呼吸を少しだけ乱しながら、緩急をつけた右手のストロークや、先っぽを撫でてガマン汁を伸ばす仕草など芸が細かい。
惜しむらくは、玉袋にそえた左手の動きの変化が少ないことと、シゴき手のバリエーションが不足していること。
特に淫語がなければ絶対ダメだと言う人には必要なのかも知れないけれど、個人的には台詞とカメラ目線は減らしたほうが良いと思う。
何故ならその分、女優の負担を減らすことによって、右手や左手の動きが増えるのであれば、そちらのほうが良いと考えるから。
エアー手コキを見せる時には、口より饒舌に語る手の表情のほうに比重を置いてもらいたいし、そのほうが断然エロティックなはず。
企画もので、「エアーフェラチオとエアー手コキ」オンリーのビデオは作られないのだろうか?もし販売されたら即購入するのに。

[ 2007/10/30 01:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

琴音のおまけ 


「ナースコール手こき日記」

のCD-R盤だけに収録された、「琴音のおまけ」がPC内のディープダンジョンから出てきたので、少し短く編集し直してUPしておきます。
これを聴くと、ちょっと甘酸っぱいんですけど(笑)
いつか「ナースコール手こき日記2」もやってみようかな。

琴音のおまけ


[ 2007/10/29 02:50 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

エロ本 


http://www.zakzak.co.jp/top/2007_10/t2007102533_all.html
消防に警察まで呼ばれるとは恥ずかしすぐるww
実は自分も学生のころ、山でエロ本を燃やした経験があるからちょっと懐かしく思った。
この男、退院してからすぐに燃やしに行ったところから推察するに、きっと自分が死んだあとに、隠していたエロ本が家族に見つかったら、それこそ一生の不覚と想像したに違いない。
ていうか、死んだ時点で一生が終わっているのだから、己のちっぽけなプライドも何もかも、本当はどうでもいいことなのだけれど、まぁ気持ちは分からないでもない。
これがもし、独身女だとしたら…。
突然の娘の死から半年後、悲しみに暮れる遺族が立ち直り、ようやく娘の部屋をかたずけようとしたところ、バイブにローターに同人誌がわんさか出てきたらどうするのよww
ニッコリ微笑む娘の遺影に向かい、「イェーイ」なんてとても言えない。
そうだ、きっとエロ本を燃やし、大人のおもちゃを処分しておくことは、最後の親孝行と呼ぶべき仕事なのだろう。
明日、エロ本を隣り街まで捨てに行こう。

[ 2007/10/25 19:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ボイスだからできるエロス 


ボイスでしか表現出来ないエロスを作りたい。
それが今のもちだの目標です。
前にもちょこっと書いたのだけれど、ボイスの演技というのは実は何も台詞の入っていない、無音のタイミングをうまく使えば使うほど、より良い演技になるものだと(もちだは)思っています。
そこで、「ささやき系癒し淫語」というジャンルを勝手に創作したVOICE☆FACTORYは、既に「短小包茎マニア」と「癒らし童貞性教育」を発表しました。
この二作品の手法(まだまだ発展途上ですが)は、心のインサイドまで深く響く淫語朗読として、今のところ最も合理的な方法であるという結論に達しています。
「ゆっくり、優しくささやく」ことで、リスナーの主観性がぐんと強まること。そして、演技者にとってもリスナーとの呼吸感の間が取りやすくなること、などの理由です。
ということで、かねてから「次回作も癒しです」と宣言していたもちだですが、その執筆中の原稿が出来上がり、声優さんに送付しました。完成は来月になりそうです。

[ 2007/10/24 20:49 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

原稿をUPしました 


「癒らし童貞性教育~保健室への誘い」

の台本原稿をUPしました。

[ 2007/10/21 03:51 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

エロ尻 


ちょっと古いネタだけどコレ、「美尻コンテスト」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/91514
またまた、デキレースでしょ?

巨乳より巨尻に興味のある根っからのスケベ男、もちだの立ち位置は、確実に尻フェチではあるけれど、分類的には美尻というよりはエロ尻派なんだろうと思う。
少しくらい、イビツでアンバランスなデカい尻の方に魅力を感じるからね。きっと人によっては拒絶感を持ちかねないほどの。
野田義治社長は、いくら乳がデカくても樽ドルは認めない主義らしい。そういうところの性的な嗜好がもちだとは違うんだろう。
ということで、youtubeから巨尻を貼り付けてみよう(爆)


うーん、やっぱ外人のケツはいいなぁ。
日本人も食糧事情が変化したことで身体が大型化してるけど、ここまでは無いから(笑)
なんせデカいエロ尻のことなら、欧米には永遠に追いつけないだろうと。
ちなみに検索文字は「booty」「butt」「ass」なんかでいける。
日本人のよく使う「hip」じゃ、ろくなのひっかからないのでR。


[ 2007/10/18 22:05 ] 同人日記 | TB(1) | CM(0)

天然炭酸水 


普段ボルビックしか飲まないのに、コンビニに行ったら珍しい水が売っていたので購入。

これ

どうやら硬水らしく、炭酸のせいもあってか、喉越しが硬い。
日本人って軟水ばっかり飲んでるから、ちょっと抵抗があるけれど・・。
まぁ、カロリーがゼロで、水じゃ物足りないという時にはちょうどいい飲み物かも知れない。
むーん…しばらくこれで我慢しよう。


[ 2007/10/10 01:38 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)

だいえと 


いかん、これはまずい。
体重が激ヤバに増えとる。
かつて身長171cm、体重59kgだった見事な体型が、今では見る影もない…。
ぐぁぁぁーっ。
カロリーダイエットはリバウンドするので、食習慣から改善していこう。
①とにかく間食は絶対しない。
②夕食は就寝6時間前までに済ませる。
よしこれだ。無理しちゃ長続きしないから、これからやるぞ。
牛丼なんか食っとるからこうなるんだ。
吉野家、視界から消えれっ!
ミスドもマクドもスタバもコンビニさえ、もーいらん!




いや…やっぱりコンビニはあってよい(訂正)

[ 2007/10/09 01:02 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

吉野家 


10/4、うおぉっ、今日までではないかっ!
吉野家の3杯目から100円チケット。
もう飯食っちまったしなぁ。
よし、午前0時まで独自に考案した、もちだズ・ブートキャンプでもやって腹減らすか。
しかしそこまでして牛丼食って何になるのかね…。
くぅぅ、貧乏人ゆえの悩みだぜっ。
レッツ、シャウト、ビンボー!,イエァー!!
これ、持ち帰りでもおkすか?

[ 2007/10/04 20:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

よし、癒し系でいこう 


やっぱね、癒し系でいこうと思いますよ、次回作もね。
もちだは、人生がヤンデルからね。うんうん。
セックスは人間に残された最後の野生ですよ。
そこではもう、総理大臣だろうが、住職だろうが、社長だろうが、ヤンキーだろうが、教師だろうが、哲学者だろうが、身も心も丸裸にされてしまうわけです。
またそうなってもいい、特別な儀式なんです。
毎日毎日、自分自身の柔らかな心が壊されてしまわないように、鋼鉄のガードをして生きている我々にとってはね、安心できる場所が必要なんすよね、これが。(←誰w?)
だから、書こうかなと思ってます。
ちょっとづつやる気が出てきました。
同人は自分が求めてるものを、正直に書かないといけません。
どうせ自分、テクニックなんて無いんだからサ。

[ 2007/10/02 19:25 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)

アニメ・スクールデイズに見る、ヤンデレ 

結構重い表現があるので、それ系スルーの人は読んじゃだめw



ヤンデレというのが巷で流行ってるらしい。
ヤンデレは、「病む+デレ属性」の略語で、デレの後引き起こす精神的に病んだ異常行動やそのプロセス、及びヒロインのことを指すらしく、ゲーム・アニメ・漫画などの2次元ドランカー(w)が創り出した造語のようだ。
もちだは、斧事件で有名になった「ひぐらし~」ではなく、「スクールデイズ12話」をニコニコ動画で視聴。
我ながら最終話だけってのもどうなの?と思ったけれど、とりあえず視聴した。
こ…これは、ひどい。
ひぃぃぃぃ、観るんじゃなかった。
(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル


*ここからネタバレ注意












まずは、誠(まこと♂)がやられてしまった時に絶叫しない描写が非常にリアル。いざとなれば女のほうがズルくて強いところもリアル。
そして、その後も凄惨は続く…。
バラバラ遺体をバッグに詰めて、誠(まこと♂)の鮮血のついた包丁で、世界(せかい♀)を殺したあと(ここで両者が誠の血のついた包丁でやり合う)、未確定のまま堕胎解剖をする言葉(ことのは)も恐い。ここでもし、赤ん坊がいたらどうするのか想像してみると、さらに恐い。
女の情念が復讐に変わる瞬間は何よりも恐ろしい。
これを観せられたあとなら、しばらくは男の浮気ぐせが治るかもしれない。
けれど、またすぐにもとへ戻る。
悲しいけれど、種をバラ撒くことが男の性(さが)だから…。
それと同じく、命を育むために男を独占し、そしてそれを利用することが女の性(さが)であることも。
そうしてお互いの性差の溝を埋めることのできない苦悩に深い失意を覚え、憎悪と愛情を激しくスパイラルさせながら、ヤンデレが誕生する。
痴情のもつれによる殺人遊戯を、もはや作品テーマとして新しいものであるととらえることは出来ない。
むしろこれを比較的新しいメディアとされる、ゲームやアニメで表現しきったことこそが新しい。
これはメインストリーム・カルチャーへの逆襲と言っていい。
アニメ・スクールデイズは12話しか観ていないけれど…。
この作品、結構面白いかもしれない。

という、無責任なレビューを書いてみた(爆)
[ 2007/10/01 02:24 ] 同人日記 | TB(0) | CM(0)